2010年3月 « トップへ » 2010年11月

2010年7月20日

なるかわ歯科医院 成川正之先生、成川史子先生

割田先生とのご関係
(割田先生は)史子先生の大学時代の部活(スキー部)の先輩です。

割田先生の長所はどんなところですか?
大学の矯正科在職中を含め紹介した患者様を的確な診断の基、最後まで責任を持って矯正治療を担当をしていただけること。留学のご経験もあり学究肌なところ。良い意味でこだわりをお持ちだと思います。

逆に、割田先生の嫌なところはどこですか?
秘密です。

割田先生を患者さまに紹介するとしたら、どのように紹介しますか?
歯並び、咬合を一度診てもらい、矯正医の立場から見て今一番必要なことは何かを相談してみることをお勧めします。割田先生なら、現在行われている矯正治療の中で、科学的根拠に基づく最良の治療をお勧めしてもらえます。

成川 正之(なるかわ まさゆき)先生
【プロフィール】
日本歯周病学会 歯周病専門医
日本臨床歯周病学会 認定医
日本歯科医師会会員

成川先生 成川 史子(なるかわ ふみこ)先生
【プロフィール】
日本磁気歯科学会 認定医
日本歯周病学会会員

なるかわ歯科医院
東京都大田区西蒲田7-18-6
URL:http://www.narukawa-dental.com/

2010年7月13日

一部分の歯並びだけが気になるのですが......

"前歯だけを改善したい"など、気になっている部分だけを矯正する治療を、部分矯正といいます。ピンポイントで治療を行うので、手軽に始められ、短期間で治療効果が現れますが、他の部分に問題がある場合、長期的には安定しないこともあります。

"クリッピー"とはなんですか?

従来のブラケットより歯が早く動き、かつ痛みが少ないといわれているセルフライゲーションシステムの装置です。クリッピーは金属部分が白っぽくコーティングされているものもあるため、デーモンシステムと比較して目立ちません。

ただし、ベースがセラミック製の物は、治療が終わって外す際、エナメル質を傷つけないよう注意する必要があります。

"セルフライゲーションシステム"とは何ですか?

治療期間の短縮や歯の痛みの軽減が期待できる、新しい矯正装置です。

従来の装置による矯正歯科治療では、細いワイヤーやゴムリングでアーチワイヤーをブラケットに留めていたため、摩擦によりアーチワイヤーの滑りが悪い場合がありました。特に治療の初期段階では、スムーズに歯を移動させることが困難だったり、摩擦に打ち勝つために比較的強い力で歯を動かす必要がありました。

この問題を解決するために登場したのが、このセルフライゲーションブラケットです。ブラケット自体にアーチワイヤーを留める構造を組み込むことでアーチワイヤーの滑りが良くなりました。その結果、歯の移動がスムーズになったり、より弱い力で歯が動くため、痛みの軽減も期待されます。

子どもの矯正はいくつから始めればいいの?

上下の前歯が4本ずつ生えた頃から取り外しのできる簡単な装置で治療を始めることが多いですが、歯並び・噛み合わせにとって悪い影響を及ぼす癖がある場合、早めの対応が必要な場合もありますので、気になったら、まずは一度、矯正専門医院にご相談へ行くことをオススメします。そこで、治療を始めるタイミングや、始めるまでの注意事項を聞くといいでしょう。

結婚式までに矯正治療は間に合いますか?

結婚式などのイベントに向けて矯正を考えていらっしゃる方には、目立ちやすい前歯を先に治療したり、イベントの前に一時的に装置を外すなどの対応が可能です。また、歯のクリーニングやホワイトニングも合わせてご提案しておりますので、どうぞご相談ください。

矯正治療後、歯並びが戻ってきている気がします。

いわゆる"後戻り"と呼ばれる状態です。

歯を動かした後、戻らないように留めておく治療(保定)をしっかり行わなかった場合や、予想外の成長や機能的な問題があると、元の歯並びへと戻る場合があります。場合によっては、再治療が必要な場合もあります。装置が外れても、定期的なメインテナンスをシッカリ受けましょう。

ちなみに意外と知られていないことですが、矯正治療の経験に関係なく、咬噛み合わせは一生少しずつ変化していきます。

歯並びが悪いとどうなるのですか?

汚れが溜まりやすく歯を磨いても磨き残しができて、虫歯になったり歯周病になったりするリスクが高くなりますし。汚れが残ることで口臭の原因にもなります。また、食べにくい、しゃべりにくいといった問題もあります。さらに心理面への影響も大きいです。見た目が悪いことがコンプレックスとなり、大きな口を開けて笑えなかったり、いちいち手で隠したり......。性格が暗くなったり、引きこもりがちになってしまうこともあります。

歯並びが気になっているという方は、ぜひ矯正歯科治療を受けることをオススメします。


2010年3月 « トップへ » 2010年11月


アクセスマップ

PAGE TOP