トップへ » はじめての方へ » 子供の矯正について

子供の矯正とは何ですか?

成長期に本来の軌道からずれてしまった状態であれば、正しい軌道に戻すことで、その後、正しい成長が期待できます。ずれが小さい内に対応することがポイントです。

子供の矯正

歯並びを直接治すというよりも、顎(あご)の成長を利用して治療を行うことによって、より健康な状態に誘導する治療です。

簡単な取り外しのできる装置で治療を行うため、装置を着けるわずらわしさが軽減されます。また、装置によっては夜間のみ使用する物もあります。後から生えてきた歯が大きかったり、顎の伸びが足りなかったり、大きすぎたり、予想と違う変化が起きた場合、再度検査を行い、治療方針を変更することもあります。

歯並びが凸凹、出っ歯や受け口は本人もわかり、気になる点です。放置すると成長・発育が阻害される可能性があります。また、場合によってはいじめの対象になってしまうこともあるでしょう。

以上のことから、なるべく早目にご相談に来ていただくことをオススメいたします。

子供の矯正を始めるタイミングは?

子供の矯正を始めるタイミング一般的には、前歯が大人の歯になって横の歯が子供の歯から大人の歯に生え替わり始める時期、つまり小学校2、3年生の頃に始めることが多いでしょう。ただし、指しゃぶり、唇を噛む癖、舌を突き出す癖など歯並びや顎(あご)の成長に悪い影響を及ぼす癖がある場合や、顎が曲がっている場合は気がついた段階でなるべく早くご来院することをおすすめしております。

とはいえ、顔が一人ひとり異なるように、歯や顎、そして心の成長はお子さまによって千差万別です。早い時期に矯正を始めた方が良いお子さまもいれば、実際にはしばらく成長を待ってから始めた方が良いお子さまもいます。ぜひ一度ご相談ください。

【筋機能療法(MFT:myo functional therapy)】

口周りの筋肉の調和がとれていないと、矯正治療の妨げとなったり、治療後に歯並びがまた悪くなったりする原因となります。なぜなら歯は外側からは頬や唇の筋肉、内側からは舌の筋肉の力を受けその位置を保っているからです。

そこで、当院でご提案しているのが、筋機能療法(MFT)。これは舌や口の周りの筋肉の働きを調和がとれたものにするための訓練法です。

MFTにはどんなメリットがあるのですか?
・ケースによってはMFTだけで歯並びが改善する例もあります。
・正しい発音や食べ方が身に付きます。

どのような練習をするのですか?
たとえば、食べ物を飲み込むときに舌を上下の歯の間にはさむ癖を持っている方には舌の正しい位置を覚えるトレーニングを行います。


トップへ » はじめての方へ » 子供の矯正について


アクセスマップ

PAGE TOP