トップへ » はじめての方へ » 見えない矯正とは?

見えない、目立たない装置による治療

周りの人に気づかれないで治せます
「人に気づかれずに歯科矯正を行いたい。」「矯正歯科治療中でも自信を持って笑いたい。」
そんな見栄えの悪さが気になり、矯正歯科治療をためらっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当院では、裏側に着ける装置や目立ちにくいセラミックやプラスチックの装置、取り外しができる透明な装置などをご用意し、気軽に矯正歯科治療を始められるようにしています。

気軽に矯正歯科治療を始めるために

<矯正装置の種類>
【舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正】矯正中の見た目が気になるという方へ
【マウスピース型矯正装置(インビザライン)】取り外せる透明な矯正システム
「透明なプラスチック」や「白いセラミック」の装置
 

【舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正】矯正中の見た目が気になるという方へ

「歯並びを綺麗にしたいけど、装置が目立つのがイヤだ。」と矯正を敬遠している方は多いのではないでしょうか。そこでオススメなものが、歯の裏側に装置を着けて歯並びを綺麗にする、舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正です。

装置を着けたときの顔の印象が全く変わらないため、最近では多くの患者さまが利用し始めています。中には、「家族でさえも打ち明けるまで気づかなかった。」という患者さまもいるほどです。また、営業や接客業など人前に立つ仕事に就いている方も安心です。

以前は治療の期間が長引く場合もあるといったデメリットもありましたが、最近では他の治療方法と比べて大差はありません。

<舌側矯正・裏側矯正のメリット>
・他人に気づかれにくい
・患者さま各々の歯の形に合わせたフルオーダーメイドで、大幅に小型化したことで、話しにくいといった問題が解決
・最近の発表では、虫歯のリスクが少ないという報告があります

<舌側矯正・裏側矯正のデメリット>
・フルオーダーメイドのため、表側の装置に比べて費用がかかる
・治療期間が長引く場合もある

裏側からの矯正装置(インコグニト)
フルオーダーメイドの舌側(裏側)矯正装置です。歯にシッカリと固定できるため、効率良く歯を動かすことができます。また、従来の装置では装着しにくくかった萌(は)えかけの歯にも、問題なく装着できるため、思春期頃のお子さまにも使用可能です。
裏側矯正

※裏側からの矯正の場合、装置料が若干異なります。詳しくは料金表をご覧ください。
※インコグニトは金合金製のため治療終了後、歯の妖精 TOOTH FAIRYに寄付しています。
 

取り外せる透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザライン歯に直接固定する装置では会話や食事のときなど、どうしても異物感が生じてしまいました。また、ブラッシングがしにくく虫歯になりやすいといったデメリットがあるのも事実です。

そこでオススメしたいものが、「透明な取り外しができる矯正システム」です。2週間毎に「アライナー」と呼ばれる透明なマウスピースを交換しながら、少しずつ歯を動かしていく治療方法です。

この装置の最大のメリットは、装置を歯に固定させる必要がない点です。人前では取り外しておくことができるので、治療していることが他人に気づかれることはほぼないでしょう。また、食事やブラッシング中は装置を取り外せるため、普段と同じように生活ができます。

<マウスピース型矯正装置のメリット>
・取り外せるため衛生的
・透明なので着けていても目立たない
・食事に支障がでない

<マウスピース型矯正装置のデメリット>
・症状によって、この装置では治療できない場合がある
・取り外しができるので、患者さまの協力が必要
・費用が比較的高い
 

色が歯に自然となじむ。「透明なプラスチック」や「白いセラミック」の装置

白いセラミック最近患者さまに人気なものが、「透明なプラスチック」や「白いセラミック」の装置です。これは、金属でできたギラギラとした装置を使わず、目立ちにくいプラスチックや、歯と同じ色・質感を持つセラミックを使った矯正装置です。

全く目立たない裏側矯正に比べて費用が比較的安いので、「裏側矯正をしたいけど、費用が気になる。」という方にオススメです。裏側矯正に比べて症例の適応範囲が広いことも大きな特徴です。

「透明なプラスチック」の装置
見えにくいプラスチックを使った矯正装置です。セラミックに比べて比較的リーズナブルであることが特徴です。

「白いセラミック」の装置
半透明の見えにくいセラミックを使った矯正装置です。金属と違い目立ちにくく、口元になじむので、いつもの笑顔で過ごすことができます。


カスタムメイドの矯正装置の薬事認証について

インビザラインを含むカスタムメイドの矯正装置は1人1人の歯の形に合わせて装置を発注、制作するオーダーメイドの装置となります。

オーダーメイドによって作られた矯正装置は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)では、医療機器に該当しません。

"医療機器"としては未だ未承認ですが、材質の認可は下りています。米国ではアメリカ食品医薬局が"医療機器"としても認可が下りています。

・インビザライン・システムは、FDA(アメリカ食品医薬品局)の医療機器として認証を受けているマウスピース装置で、ISOを取得している最新の工場で製造されています。

・マウスピース型矯正装置(インビザライン)のマウスピース材料自体は日本の薬事認証を得ており、アレルギー等に関する安全性は確保されていますが、何か異常を感じた場合は速やかにご連絡ください。


トップへ » はじめての方へ » 見えない矯正とは?


アクセスマップ

PAGE TOP